キュービクル式高圧受電設備(キュービクル)とは

6,600Vで受電した電気はキュービクル内で100Vまたは200Vに変換されて施設に供給されます。受電容量が50kVA以上4,000kVA以下の小中規模施設の変電設備として利用されております。

キュービクルを自社所有することによる4つの問題

現在、キュービクルを使用している法人の多くは自社所有となっています。

問題1【価値を生まない資産】特に価値を生むこともない設備

問題2【保守点検費用】定期的な保守点検の費用が掛かる設備

問題3【修理費】経年劣化により修理費が掛かる設備

問題4【電気料金】現状の高い電気料金

キュービクルを自社所有することによる問題を解決します

メリット1【有償買取】通常は価値を生まないが有償にて引き取ります。

メリット2【修理費用ゼロ】売却先が責任を持って修理修繕を行います。

メリット3【保守管理費用ゼロ】売却先が従来の保守費用をお支払い。

メリット4【安い電気料金】電気料金を現状より安くご提供します。

サービス開始までのフロー

【ステップ1】新会社お見積り提出・ご提案

【ステップ2】保安管理者と協議/設備の査定/現地調査

【ステップ3】買取価格決定

【ステップ4】所有者様とのご商談

【ステップ5】売買契約のご締結

【ステップ6】切り替え完了/新会社より電力購入